未知の世界にあなたを連れ出してくれる! 日帰り気球体験の旅のススメ

■本日のスケジュール■
①都内出発

②埼玉県・加須市で気球体験

③羽生パーキングエリア(上り線)の『鬼平江戸処』で食事

④都内に戻る

■日帰りプランの概要■
・ツアー人数:女性2名
・旅の目的:気球体験
・予算:2人で5万円

平日は仕事が忙しい。だからこそ休日は特別な体験をしたいですよね。それが仲良しの女友達と一緒なら格別なものに。今回は気流が安定している冬に人気のレジャー「気球体験」を求め、クルマで出かける女子二人組に密着します。今回のドライブ旅で彼女たちはどんな特別な休日を過ごすのでしょうか?

4:00 東京の早朝を一台のシエンタが走り抜ける!

今日はちょっと早起き。気球体験という特別な1日がはじまる

ここは冬の東京。まだ空には星が瞬いている時間。ネオンが眩しく光り輝きます。

時刻は午前4時。
一台のシエンタが東京の暗がりを颯爽と走り抜けています。

シエンタのドライバーは運転が大好きなサエさん。こんな早朝にどこへ向かうのでしょうか?

親友のアヤさんをピックアップ!

着いたのは原宿の一角にあるマンション。
マンションの前に立っているのは大学時代からの友達アヤさんです。

サエさん「お待たせ」
アヤさん「迎えにきてくれてありがとう」
サエさん「助手席に乗ってよ」
アヤさん「うわ〜、クルマの中が広い」

アヤさん「(ガタガタガタ)サエ、寒くない?」
サエさん「えっ、アヤは寒いの? だったらいいものがあるよ! はい、このブランケットを膝にかけて温まってね」
アヤさん「ありがとう。これ、温かいね」

アヤさん「内装も可愛い!」
サエさん「今日は星がみえる時間にクルマを走らせるってことで、シートもハンドルも星柄のカバーにしたんだよ〜」
アヤさん「おぉ。気合が入っている。じゃあこれから、埼玉県の加須市に向かって気球体験に行きましょうー!」
サエさん「レッツ、ゴー!」

仲良しの二人がこんな早朝にクルマで出かけているのは気球体験をするため。なぜ朝早くから出かける必要があるのでしょうか? 実は風の少ない朝じゃないと気球は安全に空を飛べないからなんです。

今回のドライブの目的地は埼玉県・加須市にある「道の駅きたかわべ」。二人にどんな体験が待ち受けているのでしょうか!?

4:30 首都高を疾走!

埼玉の加須市へ。クルマと共にココロも動き出す

埼玉県加須市に向かうため、二人を乗せたシエンタは首都高速を走ります。

サエさん「早朝はクルマが少ないから、スイスイ走れて運転が楽しい!」
アヤさん「気持ちがいいね〜。あっ、でも安全運転でね!」
サエさん「もちろん!」

ドライブを楽しむサエさんとアヤさん。
あっ、目的地「加須」の看板が見えてきました。もうすぐ着きそうですね。

5:30 埼玉県・加須市に到着!

これから気球体験が始まる!

気球体験を企画してくれた株式会社SOLAのスタッフさんとの集合場所である「道の駅きたかわべ」に着きました。ここでしばし待機です。

アヤさん「まだかな〜。寒いよ〜」
サヤさん「それにしても空が綺麗だね」
アヤさん「確かに綺麗だね。でもまだかな〜」

アヤさん、せっかちです。

空が白んできました。二人とも寒さを忘れて日の出に見入っていますね。

そして太陽と共にスタッフさんもやってきました。

みんなで一緒に気球を組み立てよう!

パコさん「初めまして。パコです。メキシコ人です。今日はよろしくお願いします」
サエさん・アヤさん「こちらこそよろしくお願いします!」

パコさん「ではこれから気球に乗る準備をします。二人とも手伝ってね」
サエさん・アヤさん「もちろんです!」

アヤさんとサエさんは気球の袋(エンベローブ)を広げたり、カゴに道具を設置したりと大忙し。

サエさん「うわ〜、袋ってこんなに重いんだ」
アヤさん「空を飛ぶ前にこんな重労働があるとは…」
サエさん「でも気球を組み立てる経験ができるなんて貴重だね」
アヤさん「うん!」

大変だけど、作業を楽しんでいる様子。
バーナーの炎が着火し、エンベローブがどんどん大きくなりました。
せっかくなので袋の中に入れてもらいましょう。

アヤさん「大きい!」
サエさん「気球の中ってこんなにあったかいんだね。」

空の旅へ出発進行!

さぁ、気球は大きく膨らみ、空の旅へ出る準備は完了しました。
気球に乗り込みましょう!
気球操縦士の今村さんとともに空に向かって上昇した二人。
二人のテンションも一緒に上がっていますね。
今回、空の旅の時間は40分。どんな体験が二人を待っているのでしょうか?

アヤさん・サエさん「行ってきます〜」

サエさん「た、高い! 見て、クルマが小さい」
アヤさん「世界がまるでミニチュアみたいだね」
今村さん「気球は風が動力となり、移動していきます。でも風って1日として同じ動きはしません。だから僕ら気球操縦士は毎日、違う風に対峙して気球を動かしている。毎日、違うからこそ楽しい。でも毎日違うからこそ、難しさも感じるんです」

今日という日が二度と来ないことと同様に、今日の気球体験は“今日の風”が作り出してくれたスペシャルなもののようです。

サエさん「世界がこんなに小さいなんてびっくり。自然を肌で感じられる」
アヤさん「気球に乗ったことで、これまで抱えていた悩みが不思議と消えていっちゃったよ」

二人とも気球に乗ったことで心が晴れ晴れとしたようです。
さて気球の旅は終了し、地上に戻る時間が訪れました。

みんなで心を一つにして後片付け

今村さん「気球体験はこれで終了しました。さてこれから後片付けをしましょう」
サエさん・アヤさん「私たちも手伝います」

あんなに大きかったエンベロープはコンパクトに。

サエさん「今村さん、重いですよね。私、持ちますね」
今村さん「ありがとう」

みんなで作業をしているとチームワークも芽生えます。“空を飛ぶ”という体験だけでなく、“みんなで一つのことをする”という共同作業もできる気球体験。貴重な時間を過ごせて二人の心は満たされています。さて、片付けは完了したようですね。

気球のスタッフたちと別れ、二人はシエンタに乗り込みました。

9:30 羽生パーキングエリアの『鬼平江戸処』へ

サエさん「気球は楽しかった〜。それはそうと、お腹空かない?」
アヤさん「ペコペコ。美味しいお店を知らない?」
サエさん「ここからクルマで30分のところにある羽生パーキングエリアへ行かない? そこは江戸の町を再現し、江戸の食事やお土産品が楽しめる『鬼平江戸処』があるんだ」
アヤさん「いいね〜。美味しい食事にありつけそう(笑)」

女子二人は江戸の世界へタイムトリップ!

さぁ、『鬼平江戸処』に到着しました。

サエさん「うわ〜江戸時代にタイムトリップしたみたい!」
アヤさん「中に入ってみようよ」

サエさん「手ぬぐいやお面が売っている」
アヤさん「食事も美味しいそうだね」
サエさん「どのお店の食事を食べる?」
アヤさん「迷っちゃうね」

食事タイムに突入です。
サエさんが選んだのは「忠八」の“うな丼”。アヤさんは「五鉄」の“しゃも鍋定食”です。

サエさん「うなぎが柔らかくって美味しい」
アヤさん「“しゃも鍋定食”は鶏肉に味が染みている〜。気球の後片付けをしたお腹が満たされていく〜」

デザートとして注文した「船橋屋」の“江戸しるこ”もペロリと食べた二人。身も心も満腹になったようですね。さぁ、東京へ帰りましょう。

12:30 東京に到着!

愛車のシエンタとともに東京へ戻ったサエさんとアヤさん。

アヤさん「気球に乗るという新しい体験もできて、しかも美味しい食事も楽しめて充実したドライブ旅行だった」
サエさん「今度はクルマでどこへ行く?」
アヤさん「千葉あたりに行って、魚市場で新鮮な魚介類を食べるのもいいなぁ」

今回のドライブ旅は終わっても、女子トークはノンストップ。日帰り女子旅はこれからも続く模様です。クルマに乗って出かけた先で、次はどんな体験が待っているのでしょうか?

【取材協力】
「株式会社SOLA」

「羽生パーキングエリア(上り線)『鬼平江戸処』」
〒348-0004
埼玉県羽生市弥勒字五軒1686

 

今回の旅で使用したグッズはコチラ!

ハーブミントグリーン ブランケットクッション

アースキーホルダー[グリーン]

ハーブミントグリーン エアフレッシュナー

USB付きソケット (2口) ネイビー

スウェットハンドルカバー[S]

スウェットシートカバー [シエンタ7人用]

レザーバッグキーパー

ダストボックス ネイビー

ステッカー LUIK HOTEL

ステッカー CAT IN THE ROOM

ステッカー SLOW LIFE

この記事をシェア、もしくはブックマークする


アラサー独身オンナ三人組が恋愛運UPを目指してパワスポ巡りの旅へ

今年こそあま〜い恋がしたい! と夢見る独身アラサー三人娘がご利益抜群とウワサの恋愛系パワースポット巡りに。ステキな人とのご縁を乞い、目指したのは千葉県。いざ、ポカポカ暖かいクルマで旅する週末の冒険へ!

気配り上手になるならピンクを。あなたの性格にマッチした車内のカラーコーデはコレ!

赤を見ると興奮する、青を身に着けると心が落ち着くなど、人は無意識のうちに色彩の影響を受けているもの。ということは、自分の性格によい効果をもたらす色のインテリアで車内をコーディネートすれば、毎日の暮らしがますます楽しくなるはず! そこで今回は、カラーセラピストの志村香織さんが「心配性」「短気」「引っ込み思案」「気まぐれ」「ネガティブ」の5タイプ別に、おすすめのカラーをアドバイスします。

未知の世界にあなたを連れ出してくれる! 日帰り気球体験の旅のススメ

平日は仕事が忙しい。だからこそ休日は特別な体験をしたいですよね。それが仲良しの女友達と一緒なら格別なものに。今回は気流が安定している冬に人気のレジャー「気球体験」を求め、クルマで出かける女子二人組に密着します。今回のドライブ旅で彼女たちはどんな特別な休日を過ごすのでしょうか?

キラキラのクリスマスを! 究極的にロマンチックなイルミネーション・スポット7選

ジングルベール、ジングルベール、鈴が鳴る~♪ もうすぐクリスマスシーズンが到来! クリスマスといえば、恋人や家族など、大切な人と一緒に過ごす、とっても大事なイベントです。そこで、この時期に開催されているイルミネーションのなかでも、全国から選りすぐった究極にロマンチック、かつ、特別な気分が味わえるスポットを7つ紹介します。一夜限りの聖なる夜をイルミネーションで彩ってみませんか?

地域のあちこちに芸術作品が! アートの聖地を訪れて芸術三昧の休日を

ドライブがてら、この秋はアート三昧な休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。いま全国各地で、地域全体にアート作品を設置し、観光客を呼び込む地域振興がちょっとしたブームとなっています。そのなかから、おすすめの6つのエリアをアート鑑賞ナビゲーターの藤田令伊さんがピックアップ。それぞれの魅力を教えていただきましょう!

この夏、女友達と一緒に訪れたい! 幻のかき氷を求めて長瀞を巡る涼スイーツツアーに密着

太陽がギラつく夏の週末は、都会の暑さから逃れるために、レンタカーに乗ってドライブへ。みんなが大好きな夏のスイーツ“かき氷”の名店があることでも知られる埼玉県の長瀞(ながとろ)を訪ねました。食べて、食べて、遊んで、食べて。女子3人組が行く、涼グルメ食べ歩きツアーに密着します。

七夕特集|夏休みの自由研究にぴったり! 天の川を観察しに夏のナイトドライブに家族で出かけよう

もうすぐ五節句のひとつ七夕がやってきます。7月7日の夜、天の川に隔てられた織姫と彦星が年に一度だけ再会できる七夕伝説。そんな天の川ですが、実は7月7日以外にも見られるって知っていましたか? 今回は、肉眼で天の川を観察する方法について、国立天文台・野辺山宇宙電波観測所の衣笠健三さんに伺ってみました。夏休みの自由研究をかねて、天の川の観察にお子さんを連れてナイトドライブにでかけてみませんか?

この夏、女友達と訪れたい「御岳山(みたけさん)」。 山ガールのパワースポット巡礼紀行

都心から片道1時間30分。東京の奥多摩にある「御岳山(みたけさん)」は、関東屈指のパワースポットの宝庫としても知られる、標高929mの山です。日頃から運に見放された女子3人は、運気アップを願って「御岳山」へのドライブ旅を計画。初心者山ガールのめくるめくパワースポット巡礼に密着しました!

免許を取ったばかりのあなたに贈る 中古車のあれこれを徹底リサーチ!

ついに念願だった免許を取得、いざクルマ購入へ!でも初心者が新車を購入するには、色々とハードルが高いですよね。このような悩みを持っている方、新車の購入と並行して、中古車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。でも初めての人にはそもそも“中古車”ってなんなのか分かりません。そこで今回は、中古車販売店のカーロッツ狭山店のスタッフさんに中古車購入についてレクチャーしてもらいました。これを読んで素敵なカーライフをスタートしてみませんか?

コレを置くだけで運気アップ! 風水インテリアで車内コーデをしてみない?

なんか最近、不運が続くな…そんな悩みを抱えるアナタ! 運気を上げたいなら風水を取り入れて、クルマの模様替えしてみてはいかがでしょうか? 今回は風水に関する著書を執筆している村上瑞祥さんが、金運、恋愛運、仕事運、健康運、学習運の気を取り込むクルマのインテリア術を徹底解説。日常的に使用するクルマに運気を呼び寄せることで、アナタに幸せが訪れる…かもしれませんよ。

キーワード一覧


ハッピーカーライフSTYLEとは?


クルマのある生活を
もっと楽しく、もっと自分らしく。

毎日のファッションを楽しんだり、
お気に入りの家具を見つけるように、
クルマだってもっと自分らしく楽しんでみませんか?
クルマに乗る時間が今より楽しくなれば、
毎日がもっと楽しく、
明日がもっと楽しみになるかもしれません。
おすすめの「カーグッズ」や「ドライビングスポット」
クルマの「お手入れ方法」や「ドライビングテクニック」など
カーライフがもっと楽しくなる情報をお届けします。

お問い合わせ


お問い合わせ窓口は以下になります。

ハピカラコールセンター

0800-080-8200