七夕特集|夏休みの自由研究にぴったり! 天の川を観察しに夏のナイトドライブに家族で出かけよう

もうすぐ五節句のひとつ七夕がやってきます。7月7日の夜、天の川に隔てられた織姫と彦星が年に一度だけ再会できる七夕伝説。そんな天の川ですが、実は7月7日以外にも見られるって知っていましたか? 今回は、肉眼で天の川を観察する方法について、国立天文台・野辺山宇宙電波観測所の衣笠健三さんに伺ってみました。夏休みの自由研究をかねて、天の川の観察にお子さんを連れてナイトドライブにでかけてみませんか?

そもそも天の川って何? 天の川の正体

―満点に輝く星空のなかを流れる天の川。どうして川のように見えるのですか?

「織姫とは『こと座のベガ』、彦星とは『わし座のアルタイル』のことです。これに『はくちょう座のデネブ』を加えて3つを結んだ三角形を“夏の大三角”と呼び、夏の星空の目印によく使われます。この三角形の中を流れているのが天の川です。天の川は白い雲のように見えますが、実は淡いたくさんの星の集合体です。夜空の他の方角よりも遥かに星の密度が高いため、川のように見えるんです」

―この天の川を渡って年に一度だけ出合う織姫と彦星。二人の間の距離は約15光年離れているそうですが、これはいったいどれほどの距離なのですか?

「1光年とは光が1年かけて進む距離のことで、約9兆5千億km。15光年だと約140兆kmです。これは太陽と地球の距離の約100万倍。東京とニューヨーク間なら約130億倍という途方もない数字になります。もし、彦星が織姫に会いに飛行機で行った場合、約2000万年かかります」

―約140兆km!? 二人は衝撃的な距離の遠距離恋愛で結ばれているんですね。

天の川を観察できる時期、時間、方角、スポットは?

―天の川を肉眼で観察する方法を教えて下さい。

「天の川を見るためにはいくつかの条件がそろわないといけません。その1つが“月のない夜”であること。月があると夜空全体が明るくなってしまい、天の川を見るのは難しくなります。

太陽と違って月は夜の間ずっと空にあるわけではありません。未明2時にやっと月が昇ってくる日もあれば、一晩中月が出ない日もあるなど、出る時間は毎日少しずつ変わっていきます。月の出・月の入りの時刻は国立天文台のホームページで調べられるほか、新聞に載っていることもあります。まずは月のない夜をピックアップしてスケジュールを決めるのが良いでしょう。

また、夜空に雲が出ていると星の光が遮られてしまいます。ただ、日中は雨が降っていたとしても夜は雲のない空になることもあります。昼間の天気が悪ければもう見られないというわけではないので安心して下さい」

―天の川を観察できるのは夏だけでしょうか?

「夏から秋にかけて、月のない夜でしたら、七夕の夜でなくとも天の川を観察することができます。実は冬にも探せばうっすらと天の川を見ることができるんですよ。ただ、夏ほどはっきりは見えません。つまり、春以外の季節なら観察できるんです。

7月1日頃ですと、深夜0時頃に夜空の真上に見える明るい星が『織姫(ベガ)』です。そこから少し南の方に、『ベガ』ほどではないものの白く輝く星が『彦星(アルタイル)』になります。地球の自転と共に星座は動いていますので、8月1日頃ならば、午後10時頃に夜空の真上にあるのが『ベガ』になります。3つの星の中で一番見つけやすいのが『ベガ』です。天の川を探すためにはまず『ベガ』をみつけて、それから『アルタイル』を探すのが良いでしょう」

―では観察に適したスポットはどこですか?

「星の観察で最も大事なことは人工の明かりから逃れることです。特に天の川は他の星に比べると、ずっと暗いものです。ネオンサインや街灯などの人工の光があると、その明るさに邪魔されて見ることが大変難しくなります。そのため、都市からできるだけ離れるようにしましょう。やはり、山や海岸が最適でしょうね。私がいる国立天文台野辺山は長野県にありますが、近くにある八ヶ岳は夏になると星を観察しに多くの人が訪れますよ。天の川が見たければ都心からクルマを使って50kmくらいは離れることをオススメします」

持っていったら便利な観察グッズ

日程も場所も決まれば、後は持ち物を準備するだけ。天体観測が初めての人には、いまどの方角の空にどんな星があるのかが分かると非常に便利ですよね。そこで活躍するのが、円盤状の紙をクルクルと回転させる「星座早見盤」。簡易的なものでしたらスマートフォンのアプリにも同様の物があるようです。方位磁石もあった方が良いでしょう。また、レジャーシートを持っていけば、仰向けになって観察するのに役立ちますね。

―天体観測でスマートフォンを使う際に注意することはありますか?

「山に行ったとしても近くに街灯など人工の明かりがあると、それだけで目が反応してしまいます。街灯から離れて暗い場所で5分、10分ほど目を暗闇に慣らして下さい。スマートフォンの明るい画面も目が光に幻惑されてしまうので気をつけて下さい」

―そうはいっても真っ暗の中、懐中電灯もなしに観察スポットまでたどり着くことは簡単ではないと思うのですが…。

「そんな時は懐中電灯に赤いセロファンを被せると良いですよ。赤い色は目を幻惑しないので暗いところがすぐに見えます。天体観測に慣れた人たちの間では必需品なんですよ」

天の川の雄大さを満喫しに夜のドライブへ

澄んだ空気に、見上げれば満天に輝く星々…。子どもの自由研究のための天体観測ドライブでも、煌めく天の川の美しさを目にすれば、きっとあなたも夜空がこんなにも美しいものだったのかとあらためて感じることでしょう。

今回、お話を伺ったのはコチラ!
【国立天文台(http://www.nao.ac.jp/)】
【国立天文台宇宙電波観測所 (http://www.nro.nao.ac.jp/) 】

 

天の川観察に持っていきたい「ハピカラ」グッズ

レジャーシート

ノマディックベッド

ハーブミントグリーン ブランケットクッション

ピンクティーローズ ブランケットクッション

 

天の川の観察に乗っていきたいクルマ

エスティマ
大型ムーンルーフ&サンシェード
[エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM、エスティマ AERAS PREMIUM、エスティマ AERAS PREMIUM“サイドリフトアップシート装着車”(2WD)、エスティマハイブリッド AERAS、エスティマ AERAS、エスティマ AERAS“サイドリフトアップシート装着車”(2WD)にメーカーオプション]

この記事をシェア、もしくはブックマークする


長距離ドライブの疲れを解消するコンビニ・フードとドリンク10選

『今日はクルマで遠くへ出かけよう』そう思い立って出かけた長距離ドライブ。楽しいけれど、運転による疲労が体に蓄積! そんな時はコンビニに立ち寄って軽くお腹を満たし、休憩もすれば、疲れは軽減されます。今回はフードコーディネーター・よしもとこゆきさんに長距離ドライブ中に食べたいフード&ドリンクをレクチャーしていただきました。

アラサー独身オンナ三人組が恋愛運UPを目指してパワスポ巡りの旅へ

今年こそあま〜い恋がしたい! と夢見る独身アラサー三人娘がご利益抜群とウワサの恋愛系パワースポット巡りに。ステキな人とのご縁を乞い、目指したのは千葉県。いざ、ポカポカ暖かいクルマで旅する週末の冒険へ!

気配り上手になるならピンクを。あなたの性格にマッチした車内のカラーコーデはコレ!

赤を見ると興奮する、青を身に着けると心が落ち着くなど、人は無意識のうちに色彩の影響を受けているもの。ということは、自分の性格によい効果をもたらす色のインテリアで車内をコーディネートすれば、毎日の暮らしがますます楽しくなるはず! そこで今回は、カラーセラピストの志村香織さんが「心配性」「短気」「引っ込み思案」「気まぐれ」「ネガティブ」の5タイプ別に、おすすめのカラーをアドバイスします。

未知の世界にあなたを連れ出してくれる! 日帰り気球体験の旅のススメ

平日は仕事が忙しい。だからこそ休日は特別な体験をしたいですよね。それが仲良しの女友達と一緒なら格別なものに。今回は気流が安定している冬に人気のレジャー「気球体験」を求め、クルマで出かける女子二人組に密着します。今回のドライブ旅で彼女たちはどんな特別な休日を過ごすのでしょうか?

キラキラのクリスマスを! 究極的にロマンチックなイルミネーション・スポット7選

ジングルベール、ジングルベール、鈴が鳴る~♪ もうすぐクリスマスシーズンが到来! クリスマスといえば、恋人や家族など、大切な人と一緒に過ごす、とっても大事なイベントです。そこで、この時期に開催されているイルミネーションのなかでも、全国から選りすぐった究極にロマンチック、かつ、特別な気分が味わえるスポットを7つ紹介します。一夜限りの聖なる夜をイルミネーションで彩ってみませんか?

地域のあちこちに芸術作品が! アートの聖地を訪れて芸術三昧の休日を

ドライブがてら、この秋はアート三昧な休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。いま全国各地で、地域全体にアート作品を設置し、観光客を呼び込む地域振興がちょっとしたブームとなっています。そのなかから、おすすめの6つのエリアをアート鑑賞ナビゲーターの藤田令伊さんがピックアップ。それぞれの魅力を教えていただきましょう!

この夏、女友達と一緒に訪れたい! 幻のかき氷を求めて長瀞を巡る涼スイーツツアーに密着

太陽がギラつく夏の週末は、都会の暑さから逃れるために、レンタカーに乗ってドライブへ。みんなが大好きな夏のスイーツ“かき氷”の名店があることでも知られる埼玉県の長瀞(ながとろ)を訪ねました。食べて、食べて、遊んで、食べて。女子3人組が行く、涼グルメ食べ歩きツアーに密着します。

七夕特集|夏休みの自由研究にぴったり! 天の川を観察しに夏のナイトドライブに家族で出かけよう

もうすぐ五節句のひとつ七夕がやってきます。7月7日の夜、天の川に隔てられた織姫と彦星が年に一度だけ再会できる七夕伝説。そんな天の川ですが、実は7月7日以外にも見られるって知っていましたか? 今回は、肉眼で天の川を観察する方法について、国立天文台・野辺山宇宙電波観測所の衣笠健三さんに伺ってみました。夏休みの自由研究をかねて、天の川の観察にお子さんを連れてナイトドライブにでかけてみませんか?

この夏、女友達と訪れたい「御岳山(みたけさん)」。 山ガールのパワースポット巡礼紀行

都心から片道1時間30分。東京の奥多摩にある「御岳山(みたけさん)」は、関東屈指のパワースポットの宝庫としても知られる、標高929mの山です。日頃から運に見放された女子3人は、運気アップを願って「御岳山」へのドライブ旅を計画。初心者山ガールのめくるめくパワースポット巡礼に密着しました!

免許を取ったばかりのあなたに贈る 中古車のあれこれを徹底リサーチ!

ついに念願だった免許を取得、いざクルマ購入へ!でも初心者が新車を購入するには、色々とハードルが高いですよね。このような悩みを持っている方、新車の購入と並行して、中古車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。でも初めての人にはそもそも“中古車”ってなんなのか分かりません。そこで今回は、中古車販売店のカーロッツ狭山店のスタッフさんに中古車購入についてレクチャーしてもらいました。これを読んで素敵なカーライフをスタートしてみませんか?

キーワード一覧


ハッピーカーライフSTYLEとは?


クルマのある生活を
もっと楽しく、もっと自分らしく。

毎日のファッションを楽しんだり、
お気に入りの家具を見つけるように、
クルマだってもっと自分らしく楽しんでみませんか?
クルマに乗る時間が今より楽しくなれば、
毎日がもっと楽しく、
明日がもっと楽しみになるかもしれません。
おすすめの「カーグッズ」や「ドライビングスポット」
クルマの「お手入れ方法」や「ドライビングテクニック」など
カーライフがもっと楽しくなる情報をお届けします。

お問い合わせ


お問い合わせ窓口は以下になります。

ハピカラコールセンター

0800-080-8200